プラスナノHQ 白斑 副作用

プラスナノHQに副作用があるってホント?白斑は大丈夫?

プラスナノHQに副作用があるってホント?白斑は?

プラスナノ副作用の白斑

美肌になりたいと言う方の願いを叶えたのがプラスナノHQです。

 

このプラスナノHQは高濃度のハイドロキノンが配合されています。
4%という数字はハイドロキノンが配合されたもの中で市販としては最高レベルなのです。
そのためシミを消す効果は期待できるのですが、その分使い方には注意しておいたほうがよいのです。

 

>>プラスキレイ ハイドロキノンの詳細

 

 

 

白斑のリスクは?

 

例えば、肌を美白にしたいから顔全体に塗りたいという人や、余ってしまったから顔全体に塗ってしまったという方がいます。
これは危険です!

 

色素沈着している部分にプラスナノHQを塗ることは問題ありません。
色素沈着していな部分に塗ってしまうと白斑という副作用を起こしてしまう場合があります。

 

この白斑とはいわゆる白抜けという状態のことを言います。
白くなりすぎて、不自然な状態になってしまうのです。

 

この白斑は薄いシミよりも目立ってしまうことがあります。
また白斑は一度できてしまうと何をしてもなかなか消えにくいようですから恐いですよね。

 

そこで、塗り方に注意するにこしたことはありません。
プラスナノHQは色素沈着している部分にだけ綿棒などを使って塗ることがオススメです。

 

高濃度のプラスナノHQは白斑に気をつける必要があります。
万が一白斑になってしまったら、すぐに使用を中止しましょう。

 

 

その他の副作用は?

 

白斑だけではありません。
他にも副作用があります。

 

それは皮膚がかぶれてしまったり、赤くなってしまうことがあります。
これはハイドロキノンには乳酸が含まれていることが関係しています。

 

特に敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。
ただプラスナノHQを塗ってしばらく経つと肌も慣れて、赤くなることがなくなることもあります。
また肌の腫れやかゆみが表れてしまう人もいるようです。

 

最初のうちに塗りすぎてしまうと赤みやかぶれが出てしまうので塗りすぎには注意が必要です。
使用を開始する前に必ずパッチテストをして、自分に合うかどうか判断しましょう。

 

またちょっとでも不安がある場合にはお医者さんに相談してから使うことがいいかもしれません。

 

塗り方や量を守れば大丈夫

プラスナノHQは沢山塗ると効果がある訳ではありません。
適量を守ることが大事なのです。
白斑どうようにもし肌の異常があった時はすぐに使用を中止しましょう。

 

ハイドロキノンは世間では「肌の漂白剤」や「シミの消しゴム」と呼ばれています。
それだけシミの原因であるメラニン色素の生成を抑えてくれるのです。

 

しかし何度も塗り直すことはしてはいけません。
プラスナノHQは1日1回がオススメです。
塗りすぎると肌の負担になる可能性があり、逆効果になってしまうのです。

 

プラスナノHQはハイドロキノンが配合されているため長持ちしません。
ハイドロキノンという成分は非常に酸化しやすいためです。

 

そのためプラスナノHQは5gという量しか入っておりません。
なので、使用期限が過ぎてしまったものを使う場合でも肌が赤くなることもあります。
1ヶ月に1本という目安はしっかり守りましょう。

 

プラスナノHQには白斑が出てしまうというような副作用はあるようです。
しかし使用上の注意をしっかり守れば心配することはほとんどありません。
使用前にしっかりと使用上の注意を読みパッチテストを行い、おかしいなと思ったら様子を見ましょう。

 

 

>>【公式】プラスキレイ ハイドロキノンの詳細


プラスナノHqはほくろや肝斑などにも効果があるの?

プラスナノほくろや肝斑には効く?

 

プラスナノHQはシミが消えると話題の商品です。

 

多くの人から「シミが薄くなった」「コンシーラーがいらなくなった」と嬉しい声があがっています。
でもシミだけではなくほくろや肝斑で悩んでいる人は想像以上に多いのです。

 

ほくろと肝斑にはプラスナノHQは効果があるのでしょうか?
もしシミにもほくろにも悩んでいる方がいたら一石二鳥ですよね。

 

 

ほくろへの効果とは

 

ほくろとは肌表面のメラノサイトが高密度で集まった集合体です。
正式には「色素性母斑」と言います。

 

実はプラスナノHQはほくろには効き目が期待できないようなのです。

 

ほくろってシミのようなもの?と思われている方もいるかもしれません。
しかしほくろはメラニンが集まってできてしまった良性の腫瘍のことなのです。

 

プラスナノHQに配合されているハイドロキノンはシミに効果のある成分とされています。
しかしほくろにはこのハイドロキノンは有効ではないのです。

 

ハイドロキノンが消せるのは肌の表面の部分です。
ほくろは肌の深い部分に到達しているものなので効果ができないという訳なのです。

 

ほくろには絶対効果がないという訳ではありませんが、シミなどの悩みと比べると効き目は少ないようです。
先ほど述べたように、肌の深くまで到達していないほくろに関しては効き目はあるようです。
肌深くまで到達したものは真っ黒いほくろですが、表面にあるほくろは茶色いのですぐ分かると思います。

 

表面にあるほくろだと紫外線によるシミのように肌表面に近い部分なので効果がある可能性があります。
ただ時間はかかるので、使い続けることで薄くなるようです。

 

またほくろの除去をした後のアフターケアにプラスナノHQはオススメです。
レーザーでほくろを除去しても肌が元通りになることは難しいです。

 

プラスナノHQをアフターケアで私用することで、レーザーの傷跡が目立たなくなるのです。
その理由はプラスナノHQが肌のターンオーバーを促進するからなのです。

 

真っ黒なほくろには直接的な効果は少ないですが、それ以外にはプラスナノHQは悩みを解決してくれる可能性がありますよ。

 

 

肝斑への効果期待できるの?

 

肝斑はホルモンバランスの崩れが原因で30代から50代の女性悩まされるシミのことです。
頬骨の上あたりに左右対称にうっすらと広がるのが特徴です。

 

肝斑が悩みでプラスナノHQを使っている人は多くいるようです。

 

口コミの中でも1ヶ月私用して四分の一くらい肝斑が消えてきましたという声や、四ヶ月で効果を感じました。ポイント箇所に直接塗ることで消えてきましたという声もありました。
美白ケアでは治らず諦めていましたが、プラスナノHQを使ってほくろのように黒い色が茶色まで薄くなったという方もいました。

 

肝斑にはプラスナノHQが効果的だということが口コミから分かります。

 

プラスナノHQに含まれるハイドロキノンはメラニン色素を作るメラノサイトの働きを抑制するので、30代以降の肌トラブルにぴったりな成分です。
メラニン色素が関係しているシミや肝斑はハイドロキノンで改善することができるのです。

 


プラスナノは通販でしか買えない?マツキヨなどドラッグストアで買えるところは?

 

雑誌などにも掲載されているプラスナノHQですが、近所の薬局やドラッグストアでは販売されていないのだそうです。

 

私もハイドロキノンのことを知ってシミを消したい!と思ったときにプラスナノHQを近所の薬局などで探してみたことがあるんです。

 

でも、マツキヨ(マツモトキヨシ)、スギ薬局、ツルハ、ウエルシア、杏林堂といった近所のドラッグストアには置いていませんでした。
ついでに除いたドンキホーテにもなかったですね。

 

通販でしたら、あちこちで購入することは可能なようですが、楽天やアマゾンなどの価格はこちらのサイト「プラスナノHQはAmazonや楽天どこで買うのが1番いい?」に詳しい情報がのっています。

 

価格比較などもしてあるのでわかりやすいのですが、最安値で購入できるのは実は公式サイトという結論です。

 

 

【透肌美活】というセットがここでは用意されていて、プラスナノクリームも1本とか2本セットとかが40%引きとかで販売されています。(季節などによりキャンペーン内容が変わるようです)

 

このセットは、何も必要のないものを抱き合わせ販売しているというわけではなく、実はシミにもっと早くアプローチできるようにと濃厚なビタミンC溶液などがセットになったものです。

 

そして、このセットの評判がすごく良いんです。

 

いくらハイドロキノン入りのクリームを使ったとしても、塗った翌日にシミが消えるなんていう魔法の薬はありませんが、このVC25とのセットで使うことにより、より早く実感できるはずですよ!

 

 

緊急速報!

期間限定54%off>>>【プラスキレイ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る